edXとは【教育業界 最新用語集】

公開日時:2021-10-28 09:20:05  
カテゴリ:事例/その他

 「教育業界 最新用語集」では、教育業界で使われているICT用語や受験用語、省庁が進める取組み等を、おもに教育関係者向けに解説する。記事を読んでいるときや、普段の業務でわからない用語があったときに役立てていただきたい。

edXとは

読み

 エデックス

表記

分類

 ソフトウェア/インターネット

ひとことで言うと

 「『MOOC』(ネットで無料受講できる大規模講義)を提供するサービスの1つ」

解説

 「edX」は、“Quality education for everyone, everywhere”(高品質な教育を、誰にでもどこででも)を掲げ、「MOOC」(ネットで無料受講できる大規模講義)を提供しているサービスの1つだ。2012年に、マサチューセッツ工科大学とハーバード大学が提供を開始した。

 誰もが大規模抗議を無料で受講できる場として、さまざまなカリキュラムを提供している。両大学のほか、ボストン大学、カリフォルニア大学バークレー校、オーストラリア国立大学など、40校超が現在edXに参加中。日本からは、東京大学、京都大学が参加している。

 無料のアカウント登録を行えば、誰でもすぐに授業を受講できる。ジャンルは建築、アートから、薬学、音楽、社会学まで幅広い。2016年4月時点で、900超の講義がラインアップされている。スマートフォンアプリも提供されており、通勤・通学の合間の受講も可能だ。

関連用語

 MOOC、gacco

最終更新日:2016年4月29日(リセマム「教育ICT用語」より転載)
<冨岡晶>


関連記事