2017.06.07
平成29年度 徳之島さとうきび生産振興大会・製糖終了感謝デーが開催されました
平成29年度徳之島さとうきび生産振興大会・製糖終了感謝デーが5月28日(日)伊仙町総合体育館で行われ、生産農家ら関係者約350人が参加しました。

「徳之島の宝、さとうきびを守ろう」を大会スローガンに6期ぶり22万d台の豊作となった今期をふり返りながら優秀農家の表彰や講演会などが行われました。
当社は、徳之島の砂糖産業再構築に@収穫面積の回復、A単収向上、B2工場維持に原料20万d確保を挙げ、生産農家、関係者一体となって今後もさとうきび増産に取り組んで参ります。


今期表彰された方々は以下の通りです。(敬称略)

【優秀農家】
白間茂(天城町兼久)、大田新吉(同町西阿木名)、中川重治(伊仙町伊仙)、稲保幸(同町馬根)、廣瀬泰仁(徳之島町花徳)、内博行(同町亀徳)、叶艦牧場(同町亀津)

【南西糖業兜\彰】
▽優良運転手 池田運送(徳之島町)、春岡盛繁(伊仙町)
▽優良営農集団 中汐さとうきび営農改善組合(徳之島町、永長和久)、前野さとうきび生産組合(天城町、近田伸行)、目手久キビ生産組合(伊仙町、當秀次)
▽南西糖業特別賞 當嶺夫(天城町三京)、芳ミエ子(伊仙町阿権)

2017.06.07
平成28/29年期 試験研究発表会が開催されました
平成29年5月26日、伊仙町の徳之島交流ひろば「ほーらい館」で今年度の社内試験研究発表会が行われました。

今回の発表は、製造部門では工程管理や経費削減、職場の改善点などのテーマで6件、原料部門では生育や栽培管理技術などのテーマで4件、同業他社の研修報告で3件、社内提案制度の報告で2件、計15件の発表がありました。
その後、それぞれのグループに分かれて来期の研究テーマなどについての意見交換会が行われました。

今後とも、社員一同更なる生産量アップにチャレンジして参ります。


2017.04.19
平成28/29年期製糖が終了しました
平成28年12月8日に開始した今期製糖は平成29年4月18日に操業
を終了しました。

今期の原料処理量は220,699トンと6年ぶりに20万トンを上回る
結果となりました。
ご協力いただきました関係者の皆様方、農家の皆様方へ心より
感謝申し上げます。

弊社では引き続き、生産者、関係機関と連携して来期の収穫面積
の確保に今後も全力で取り組んで参ります。

2016.11.24
平成28/29年期 製糖開始のお知らせ
平成28年12月8日より伊仙・徳和瀬の両工場でサトウキビの
搬入、圧搾を開始いたします。

各工場の原料処理見込量と操業計画は以下のとおりです。

○原料処理見込量

伊仙工場     109,852t 
徳和瀬工場     98,992t 合計 208,844t 

○操業計画

搬入開始    12月 8日
年内搬入終了  12月27日
搬入再開     1月 5日
春植推進機関   3月 7日 〜 3月14日
搬入終了予定   4月 4日

本年も生産農家の皆様や関係機関と一体となって
安全操業に取り組んで参ります。


徳和瀬工場の様子
2016.02.17
製糖計画変更のお知らせ
天候不順によるキビ収穫の遅れから
下記のとおり製糖計画を変更致します。

○春植推進期間(工場休止)
 
 変更前 3月3日(木)〜3月13日(日)の11日間
 変更後 3月3日(木)〜3月 9日(水)の7日間

○原料搬入終了予定日
 
 変更前 4月6日(水)
 変更後 4月8日(金)